お知らせ

お知らせメニュー

技術サポートページはこちら 製品・サービスに関するメールでのお問い合わせ
医薬品販売業許可(卸売販売業)
毒物劇物一般販売業登録
高度管理医療機器等販売業・
賃貸業許可
医療機器修理業許可
高圧ガス販売事業届

株式会社 三和医科器械 MAP

〒790-0941
愛媛県松山市和泉南6丁目2番5号
Tel:089-957-7676
Fax:089-957-7822

東予営業所 MAP

〒793-0043
愛媛県西条市樋之口133-1
グレースM102
Tel:0897-58-5030
Fax:0897-53-5850

大洲営業所 MAP

〒795-0001
愛媛県大洲市北只402番地7
Tel:0893-24-4479
Fax:0893-24-6857
TOPページ > 社員ブログ > 総務部 S・A

青ジムニー

2019年7月15日


 

    ジムニーは1970年に初代が発売されて以来、半世紀近く伝統的な四輪駆動車の構成を守り続けてきた頑固なクルマだ。49年目にして漸く3回目のフルモデルチェンジであったことは現代の自家用車の一般的なモデルチェンジサイクルと比して随分と長いものといえよう。私が今年購入した新型は4代目ジムニー(JB64W型)である。

 

   ジムニーは現在のスズキ株式会社の会長、鈴木修氏がホープ自動車というメーカーから「不整地用万能車」と謳われた軽四輪駆動車「ホープスター・ON型4WD」の製造権を譲り受けて開発したものだ。ホープスターの創業者であり経営者は1921年に香川県三豊郡上高瀬村で生まれた小野定良という人だ。私と同じ讃岐がルーツであるというだけジムニー所有者としては嬉しく思えてくる。

   若い頃からジムニーが大好きで購入するのはこれで3回目である。前回と前々回はいずれも2代目(JA22W型)を中古で購入していた。4代目同様四角いボディに丸いヘッドライトが特徴だ。

 

   3月下旬に9か月以上を要して漸く我が家にジムニーがやってきた。私は彼を「青ジムニー」と素っ気ない呼び方で呼んでいる。自身の所有している新型ジムニーを「ジムちゃん」とか「ジム子」と擬人化して呼んでいる若い女性もいる。「ジムニー女子」などと言われている人たちだ。何にでも「女子」やら「男子」と接尾語のように付ける風潮に私が馴染むことはない。私は素っ気なく「青ジムニー」と呼んでおり自動車を擬人化して感情移入するほどの感受性は持ち合わせていない。

   無論、親しい知人からジムニーの特徴を問われたら「軽自動車規格の四輪駆動でラダーフレームとリジッドアクスル式サスペンションですよ。これが最高なんです。なぜならば・・・」などと熱く得意満面で答えているが実際はうんちくなどはどうでも良いのだ。とにかく運転していて楽しいクルマだ。マニュアルでシフトチェンジする際のエンジン音とシフトレバーから左手に伝わってくる振動がたまらない。

 

   年齢のせいか最近は街に繰り出して飲み歩くなどということも殆どしなくなった。むしろ休日は海に山にで出かけたいのだ。

   擬人化もしていないし無用な感情移入こそしていないものの青ジムニーは私の一人遊びの大切な相棒である。

【 総務部 S・A 】

 

 

ジョギング再開

2018年11月14日

   秋から半年ぶりにジョギングを再開した。五十路を迎える肉体の経年劣化が気にかかる。肉体も機械同様に老朽化するから細やかなメンテナンスが必要である。せめて秋と冬だけでも軽く走ってみようと思った。やはり健康の基本は足腰である。

 

   45歳の秋からジョギングを始めてから先シーズンまでにフルマラソン3回、ハーフマラソン3回の合計6回もマラソン大会に出場させていただいた。過去形で書いているのは、もうマラソン大会に出場するつもりがないからである。今年の愛媛マラソンと東京マラソンでは得難い体験をして感動すら覚えた。4年前の弊社社長から私への「メタボ解消の為にも走ってみたら」との誘いの言葉がすべての出発点である。

   今年は1月だけでも200km以上走り込み申し分のない準備で臨み大会に参加して自己目標を達成した。睡眠2時間で走った東京では軽いランニングハイの状態も経験できた。満足満足。

 

   今は休暇日のみ自分の体調や気分や予定と相談しながら気ままに走っているだけなので心からジョギングを楽しめている。基本的には週に1回以上は走らないと決めている。雨が降ったら走らないし睡眠不足の状態でも走らない。少しでも体調が悪いと走らない。急な予定が入っても走らない。休日は家事を優先させる。

 

   9月下旬の再開当初は10km程度しか走ることができなかったのだが、週末のたびに走っていたら、いつの間にかハーフマラソンの距離(21.0975㎞)を走るのが週末の日課になってしまった。目下4週間連続で「独りハーフマラソン」を完走している。いささか本気モードに戻りつつあるので制限をかけねばなるまい。過ぎたるは猶及ばざるが如しである。

   何年も走っているお蔭で足腰と心肺が随分と強くなっている。ありがたや、ありがたや。

   この年齢で長い距離を走っても壊れない丈夫な体に産んでくれた両親に感謝している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 総務部 S・A 】

 

 

「東京マラソン、走りませんか?」

   こんなタイトルで社長が社内グループウェアの回覧板に社員に呼び掛けたのは去年の8月11日のことです。

 

日本で一番エントリーするのが難しい(高倍率)マラソン大会である『東京マラソン2018』が来年2月25日(日)に開催されます。

会社では親睦と健康のためにお城下リレーマラソンに参加したりしていますが、この東京マラソンをきっかけに健康増進のためにランニングを始める人が増えるといいなぁと思っています。(中略)見事当選した人(参加して、走る人)の東京への交通宿泊についてプレゼントすることにします。このプレゼントを受け取るには、運がないと難しいですが、是非ともチャレンジしてみてください!(中略)今からなら、マラソン初心者も、500メートル走ったことがない人も、練習次第で完走することが可能です。これも何かのきっかけ、チャレンジと思って一歩を踏み出してみてください。

 

  特定保健指導を受けるようになっていた不健康中高年社員の私に、社長から勧められて45歳の秋から渋々ジョギングを始め、47歳の時にフルマラソンの愛媛マラソンに出場しました。出場するからにはトボトボ歩いている姿をテレビカメラには晒したくはないから、小出義雄先生の著書やNHK-BSの「ラン×スマ」をバイブルに少しだけ理論的に練習したら、目標通りの結果を出すことができたので非常に満足した結果、マラソンもジョギングもやめていました。

 

   ジョギングをやめて1年半の夏、前段の社長の尊い呼びかけに「総務のオジサンが応募しないわけにもいかんわな。まあ、こんな宝くじみたいなもん、おれが当たる訳ないやろ。でも奇跡的に会社の誰かが当選したらええな」と何気なくエントリーしてみました。

「若い社員、それもマラソン未経験の奴に当たれば盛り上がる」と思っていたら、何と私が当選してしまうとは・・・。当選倍率12.1倍をあっさりクリアしてしまった。どないしょかないしょサイダー、サイダー♪ 知らんやろ、こんな歌。

 

   季節は夏から冬に。嫌だ嫌だ飛行機怖いよと思いながら東京へ行って参りました。後から知ったのですが東京マラソンは世界6大マラソンのうちのひとつです。

   体調の芳しくない中、大都会の興奮が足を運んでくれました。興奮しすぎて35km付近までどんどん加速してしまいエネルギーが尽きて、最後の7㎞は殆ど歩いてしまいましたが、グロス(公式記録)4時間48分30秒、ネット(実質時間)4時間38分21秒の記録でゴールすることができました。スポーツをしてこんなに感動したのは何十年ぶりでしょうか?東京マラソン最高です。レース中には日本各地の方言だけでなく、英語、スペイン語、ポルトガル語、中国語が飛び交っています。万国老若男女の祭典であります。時折、音楽が流れて市民ランナーが踊り出します。僭越ながら私も踊りました。

 

   次は若い社員のみなさんですよ!

   そして、やがて当社に入社する若いみなさんも東京マラソン、走りませんか?

   三和医科器械は若きランナーを募集しています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本橋を背に10km通過(10時24分)

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浅草雷門前通過(10時55分)

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひょっとしてサブ4?下心芽生える(12時15分)

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足の上がらぬ失意のゴール前(13時56分)

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苦しみながらも東京駅を背にゴール!(13時58分)

 

【 総務部 S・A 】

夏の海

2017年7月27日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当たり前のように夏がやってきた。

そして当たり前のように暑い。暑くて暑くてたまらない。

居ても立っても居られない。

こうなれば寄る年波もかえりみず海に飛び込むしかあるまい。

 

10代の頃に街中で流れていたサザンオールスターズのナンバーが、頭の中で次々に鳴り響く。

「C調言葉にご用心」「いなせなロコモーション」「Just A Little Bit」「涙のアベニュー」「欲しくて欲しくてたまらない」

 

Oh! Yeah!!

Com on Baby!!

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽いジョギングから海岸に戻るとまだ閑散としている朝の海。

朝なのに刺すような日差し。

向こうの方で誰かが波打ち際でパチャパチャ遊んでいるよう。

でも泳いでいるのは私ひとり。

「俺だけのもの Dear One!」

 

冷たい、冷たい。ああ、冷たい。ああ、何て気持ちがいいのだろう!

最高のひとり遊び。

夏は青春のように刹那。一瞬の季節を楽しもう。

 

やがて秋が来る。

そしてまた歳をとる。

 

それでいいのだ!

【 総務部 S・A 】

 

 

   第55回愛媛マラソン が来る2月12日(日)に行われる。

   弊社からも32歳の営業マンF氏が出場する。若い彼は内心サブ4(フルマラソンで4時間以内でゴールすること)を狙っているのではないだろうか。若さが羨ましい限りである。

 

   私もちょうど一年前の愛媛マラソンに出場した。若い頃から走ることが苦手だった私が無事フルマラソンを完走できたのだから、マラソンはタイムさえ欲張らなければ誰でも歩かずに完走できるものだと思う。

   ジョギングはダイエット目的で始めたが、ひとりで海沿いのコースを走るのは存外楽しいものであることが解った。複数の人と連れ立って走るのと違い、いつでも辛くなったら走るのをやめることもできそうなものだが、これが存外やめにくい。私にとってジョギングとは他者との競争ではなく、自分との闘いだ。他人はごまかせても自分はごまかせない。

 

   ここ10年ほどは市民マラソンブームなのかジョギングブームなのか、夜間に本格的な格好でジョギングしている人をよく見かける。私には週に何回も走るほどのめり込めなかったし、夜はオヤジ狩りが怖いので、晴れた休日の朝か昼に走っていた程度。

   GarminやらEPSONの高価なGPS機能付き腕時計を買いたいけど手が届かないから、左手にランニングアプリを入れたスマホを持ちながら練習して、本番もそのスタイルで走った。

 

   恰好にも左程こだわりがなかった。ジョギング用の専用グッズは殆ど買わなかった。Tシャツに20年前位から使っている色あせた短パン。ランニングタイツとかレギンスなどの類も不要と判断して購入に至らなかった。

  いやいや。逆に頑固な程にこだわっていたのだな、天邪鬼の私は。

 

   42.195kmを完走できた。自分で設定した目標ネットタイムが4時間42分。

対して結果は4時間43分37秒。目標に1分37秒及ばなかったが、ほぼ想定通りの走りができたから今でも十分満足している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   ゴール直後にゴールゲートをスマホで記念撮影していたら、その姿がテレビに映っていたことを友人に教えてもらった。

   「あの坊主頭はお前に違いない。」

 

   沿道からの声援を受けながら「マラソンは人生に似ている。」と思いながら走っていた。

   人生にはスタートがありゴールがある。人様の力をお借りすることもあるが、結局は独力で走り切らねばならないのだ。

 

   「人間元来一人で生まれて一人で死んでいくのである。大勢の中に混じっていたからって孤独になるのは、わかりきったことだ。」

   田山花袋の言葉が胸にしみる。

【 総務部 S・A 】

 

 

暑さ寒さも彼岸まで

2016年9月22日

異常に暑かった夏も終わり、ようやく涼しく過ごしやすくなった。

尤もここ数年は殆どの夏が厳しいので異常という表現も当てはまらなくなっているのかもしれない。

ここ堀江の浜は、夏になると海水浴客で賑わっているが8月の最後の日曜日が終わると、いつもの閑散とした海岸に戻る。今年もようやく私の好きな落ち着いた堀江海岸になってきた。

 

この夏は春先に痛めた肩の治療に専念していたため殆ど何もできなかった。

石鎚山に2回登頂して、久万の山小屋で作業をして、リハビリを兼ねて堀江の浜で何時間もひたすら平泳ぎをして、夜は自宅でクラシックを聴きながら酒を飲む。そうやって怠惰に遊んで過ごしているうちに夏が終わっていた。

肩は治る気配すらないが何事も悲観しないことが肝要だ。

 

本日は「秋分の日」。秋雨前線の影響で雨が降りしきる。素敵な雨の休暇日。

暑さ寒さも彼岸まで。熟考の秋が来た。

【 総務部 S・A 】