お知らせ

お知らせメニュー

技術サポートページはこちら 製品・サービスに関するメールでのお問い合わせ
医薬品販売業許可(卸売販売業)
毒物劇物一般販売業登録
高度管理医療機器等販売業・
賃貸業許可
医療機器修理業許可
高圧ガス販売事業届

株式会社 三和医科器械 MAP

〒790-0941
愛媛県松山市和泉南6丁目2番5号
Tel:089-957-7676
Fax:089-957-7822

東予営業所 MAP

〒793-0043
愛媛県西条市樋之口133-1
グレースM102
Tel:0897-58-5030
Fax:0897-53-5850

大洲営業所 MAP

〒795-0001
愛媛県大洲市北只402番地7
Tel:0893-24-4479
Fax:0893-24-6857
TOPページ > 勉強会情報

去る5月27日(金)に、シスメックス株式会社の山田様、シスメックスCNA株式会社の高橋様に来社いただき、感染制御支援システム La-vietal ISについての勉強会を弊社にて実施頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【内容】

  1. 検査システムについて
  2. 検査システムの機能と役割

 

  1. LA-vietal IS のICTに対する導入効果針刺し事故などの報告管理
  2. 新規検出患者・耐性菌発生状況の監視
  3. 疫学統計情報の配信
  4. La-vietal IS システム構成電子カルテの端末を通じて院内感染対策に必要な情報を共有
  5. 院内公開情報データベースを使用
  6. La-vietal IS 機能概要疫学統計情報の閲覧
  7. 感染患者の詳細情報確認
  8. マップと移動情報による感染経路などの追跡

 

 

紙媒体で煩雑な集計作業や情報の集約を、「La-vietal IS」を導入することで、手作業を軽減し活動の幅が広がるなど大幅に業務の効率化が図れることが大きなメリットではないかと感じます。またリアルタイム性はもちろん、自動アラート機能やフロアマップなど、ICTメンバー以外の職員様が見られても、見やすい画面構成になっておりました。

また、勉強会を通して院内感染対策チームの重要性と機能についても学ばせていただき、院内感染発生率を減少させることで、患者様のQOLを向上させることにもつながることを改めて実感することができました。

 

施設様でも、システム導入の予定に拘らず、勉強会の御希望等ございましたら遠慮なく弊社担当者までお声がけください。

 

 

 

本件についてのお問い合わせは、弊社営業担当者または電話・メールにてお問い合わせ下さい。

(TEL089-957-7676 E-mail info@sanwa-mi.com )

 

 

3月17日社内定期勉強会を行いました。営業本部長に甘~い差入れを頂き、嬉しいスイーツセミナーとなりました。今回は新入社員による「研修1カ月を終えて」と「新人自己紹介」の2部構成で行いました。

新入社員に演題のみを与え、発表内容については各自に一任しました。

 

トップバッターは入社1カ月東予営業所渡部さん。

「研修1カ月を終えて」プレゼン前に、大学で学んだ「人を惹きつけるワンランク上のパワーポイントの作り方」の説明があり、のっけから、参加者全員見事惹きつけられてしまいました。

 

2番手は入社1週間の泉さんの「自己紹介」。

愛媛県人なら誰もが知っている有名校の野球のユニフォームを着た写真と、その華々しい実績に一同皆唖然!

 

ラストは、同じく入社1週間の中村さんの「自己紹介」。

先の2人にハードルを上げられ少々心配しましたが、そこはゆとり世代のマイペース。母校の面白エピソードで応戦。

三者三様、それぞれの個性が出た良いプレゼンとなりました。

 

最後に、営業本部長からお墨付きの言葉を頂き、新入社員の良い経験となりました。

今後の活躍に期待します。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【本社営業所 T・Y】

 

 

去る2/9(火)、シスメックスTMC株式会社の小林様と木村様にご来社頂き、血液検査(血球計数)の基礎・新発売のpocH-80iについて勉強会を行っていただきました。

 

【内容】

  ① 各血液細胞と特徴

       (赤血球・白血球・血小板)

 

  ② 血球計数検査の結果からわかる疾患・貧血分類

       (炎症・アレルギー性疾患・免疫不全症候群など)

 

  ③ 血球計数装置の測定原理

      (電気抵抗方式・フローサイトメトリー方式)

 

  ④ 実際の測定例から考える誤差要因

      (血小板凝集・赤血球寒冷凝集・巨大血小板・破砕赤血球)

 

  ⑤ 新発売のpocH-80iについて

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各項目の増加・減少によっても疾患内容が異なります。

 

血球計数機を取り扱わせていただく弊社社員にとって、血液検査の有用性を今一度考える有意義な勉強会となりました。

 

 

本件についてのお問い合わせは、弊社営業担当者または電話・メールにてお問い合わせ下さい。

(TEL089-957-7676 E-mail info@sanwa-mi.com

 

 

1月21日(木)、今回はシャープファイナンス株式会社の飯尾様にリース購入の仕組みについてご説明を頂きました。

 

我々が普段扱っている医療機器は高額なものも多く、毎年予算をもとに計画的に設備投資を行っている病院様においては、「じゃあ、買ってしまおう」と言った具合にはなりません。

そのような時にリース方式による購入・導入を考えるのは、オーソドックスな手段の一つです。本日、ご説明頂いた方式は、従来型のものを基本としたうえで、“リース満了時の買い取りを契約時に可能”にしたものです。一般的に聞きなれた感じで申し上げますと、『残価設定型のリース』です。よく車両の購入の際に耳にされると思います。

 

下に簡潔にご説明いたします。

【従来】

 リース満了 → ① 再リース  ② リース会社へ返却

【買い取り付加型】

 リース満了 → ① 再リース  ② リース会社へ返却  ③ 再計算をもとに買い取り

 

むろん、上の説明ははなはだ簡潔にしておりますので、細部について補足が必要となります。

 

 このようにあらゆる商品があらゆる方式やルートで購入できる世の中になっております。とても便利になりました。一方で、「どう選べばよいのか?」と言った疑問も多く出てきて悩ましいところです。「気持ちよく納得して購入したい!」と言うのは、個人であれ、法人であれ変わりませんよね。

 弊社従業員もつねにお客様の立場になった接客を出来るように心がけたいと思います。

 【 東予営業所 Y・K 】

 

本件についてのお問い合わせは、弊社営業担当者または電話・メールにてお問い合わせ下さい。
(TEL089-957-7676  E-mail  info@sanwa-mi.com)

 

 

12月17日(木)、シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社の千葉様にお越しいただき血液ガス検査についての勉強会を開催し、RP500を他社製品の仕様比較を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、今までの血液ガスの器械と違ってRP500はカートリッジ式を採用しており、面倒な器械のメンテナスが不要となりメンテナンスフリーが魅力の器械です。凝固血を吸引してしまった場合も器械が試薬を逆流させることでつまり防止の機能も搭載しているそうです。

 

また、プローブに差し込むだけで測定することができるため仕事の効率化や、コンタミネーションの防止にもつながるということです。

 

他社との比較によるお客様への訴求点なども学ぶことができ有意義な勉強会となりました。

今後の仕事にも役立てていきたいと思います。

【本社営業所 Y・T】

 

 

本件についてのお問い合わせは、弊社営業担当者または電話・メールにてお問い合わせ下さい。

(TEL089-957-7676 E-mail info@sanwa-mi.com)

 

 

11月25日(木)にシーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社の山崎様・武久様・水下様に勉強会をしていただきました。

 

今回の勉強会のお題は、シーメンスの血球計数装置「アドヴィア」シリーズの新製品についてです。

 

【アドヴィアシリーズ 新製品】

 

・「アドヴィア560 560AL(オートローダーオプション付)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・「アドヴィア360」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主な特徴

    • 血球計数+白血球5分類測定可能(360は白血球3分類)
    • コンパクトでありながら最大60検体/時間の高い処理能力

 

今回は実際に弊社にアドヴィア360をお持ちいただきデモしていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また今後バージョンアップによって

 

・現在の英語表記から日本語表記へ対応

・同社管理ソフト「ラピッドコム」への対応

 

など注目の新製品です。

 

 

本件についてのお問い合わせは、弊社営業担当者または電話・メールにてお問い合わせ下さい。

(TEL089-957-7676 E-mail info@sanwa-mi.com