お知らせ

お知らせメニュー

技術サポートページはこちら 製品・サービスに関するメールでのお問い合わせ
医薬品販売業許可(卸売販売業)
毒物劇物一般販売業登録
高度管理医療機器等販売業・
賃貸業許可
医療機器修理業許可
高圧ガス販売事業届

株式会社 三和医科器械 MAP

〒790-0941
愛媛県松山市和泉南6丁目2番5号
Tel:089-957-7676
Fax:089-957-7822

東予営業所 MAP

〒793-0043
愛媛県西条市樋之口133-1
グレースM102
Tel:0897-58-5030
Fax:0897-53-5850

大洲営業所 MAP

〒795-0001
愛媛県大洲市北只402番地7
Tel:0893-24-4479
Fax:0893-24-6857
TOPページ > 勉強会情報

10月は、株式会社テクノメディカの常門氏と大塚氏に勉強会をしていただきました。

 

【今回のご紹介商品】

   ● 自動採血管準備装置 BC・ROBO-888

   ● 自動採血管準備装置 BC・ROBO-8000RFID

   ● 全自動pH/血液ガス分析装置 GASTAT-1800シリーズ

   ● ハンディ型/血液ガス分析器 GASTAT-navi

   ● 非接触型静脈可視化装置 StatVein

 

弊社の新入社員が増えたこともあり、主力製品である「自動採血管準備装置BC・ROBO」の概要を中心に改めて説明していただき、ベテラン先輩社員も初心に戻り勉強させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BC・ROBOやStatVeinのみでなく、受付・待合など運用を含め採血室全体のご提案をさせていただきます。資料や、各製品の概要、ご要望につきましては、弊社営業担当までお気軽にお声掛けください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本件についてのお問い合わせは、弊社営業担当者または電話・メールにてお問い合わせ下さい。

(TEL089-957-7676   E-mail : info@sanwa-mi.com)

 

 

   去る9/17(木)本社営業所にて三和化学研究所の横山氏にお越しいただいてメーカー勉強会を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   今回の勉強会は新商品に関する話題が中心となりました。

 

   ◆ 尿化学分析装置ビジュアルリーダーⅡ

   ◆ オムロンコーリン:スポットチェックモニター+三和化学研究所:グルテストNeoアルファ

 

   10月5日に新発売となる尿化学分析装置のビジュアルリーダーⅡは従来のビジュアルリーダーのデザイン・内容が一新され操作性、機能が飛躍的に向上しています。

   以前からのSTARTボタンを押すだけの簡単操作や項目の並び替え等便利な機能はそのままに、今回からカラータッチパネルを採用し表記も従来の英語表記から日本語表記となって分かりやすく安心な機能が充実した器械となっております。

   また多項目試験紙キット「Uテストビジュアル5、7、10」の自動読み取り等、新たな機能も充実しています。

 

   更に新情報として三和化学研究所のグルテストNeoアルファをオムロンコーリンのスポットチェックモニタと連携することによりバイタルデータと血糖値の一元管理が簡単便利になります。

   測定したデータは即座に電子カルテへと転送でき、情報を即 共有することが可能に。

   バイタル値などの転記が不要となる為、ヒューマンエラーの削減や看護業務のスリム化に大変貢献できます。

 

   今後も施設の方が安心して運用が可能な器械を提案していけるよう三和医科器械は尽力していきます。

 

 

   本件についてのお問い合わせは、弊社営業担当者または電話・メールにてお問い合わせ下さい。

   (TEL089-957-7676 E-mail info@sanwa-mi.com)

 

 

秋の足音が聞こえ始めた8月26日、弊社で定期的に行われている社内勉強会がありました。

 

今回の定期勉強会は、今年3月入社の2名担当で「新人研修を終えて」というテーマで先輩方を前に発表・報告をさせて頂きました。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主に

・研修や先輩方との同行と1人で現場へ赴くようになってからの変化

・これまで経験してきた案件と反省点のフィードバック

・現在の状況と今後の目標について

といった内容について報告させて頂きました。

 

 

また同期同士の意見交換、直属の上司からの率直な意見・アドバイスなどを頂くことができ、発表準備を通じてこれまで学び、経験してきたことの再確認を行うことができました。

 

各営業所の先輩方を前に、お互いがいい緊張感を持ち報告することができました。

相談しあえる同期として、競い合うライバルとして、これからもお互いに切磋琢磨していけたらと思います。

【執筆者:新人O】

 

 

   去る7月23日、松山本社にて、シスメックス株式会社様に勉強会の時間を頂きました。今回は、検査の中でも、迅速性・精度をより問われる免疫分野についてでした。

 

 血球計数のイメージが強いシスメックス株式会社様ですが、じつは、免疫分野も古くから手掛けており、業界でもトップクラスのノウハウを持ったメーカー様です。近頃は、内外からの方針等もあって、研究・開発費用が削られる中、器械から試薬までのほとんどを自社(あるいは国内)製造としています。余談ですが、国内産業の“体力低下(開発力・技術力も含め)”を少しだけ心配している私としても、「こう言った企業、いわゆるメイドインJAPANは大事にしないと!!」思ったりしています。

 

 

 検査における免疫とは?主に以下のお話を頂きました。

     ○ 感染症

     ○ 甲状腺

     ○ 腫瘍マーカー

     ○ その他

 

 ここでは、感染症について少しだけお話を致します。感染症とは主にB/C型肝炎などをさしています。治療はインターフェロン・新薬等があり、今では、きちんとした治療で快方に向かう病気です。検査では、治療効果の指標となっています。

 また、入院時や術前には患者様の基礎情報として検査されることのある項目でもあります。

 シスメックス株式会社様では、HISCLという器械で分析しています。同器械では、測定時間17分と素早い結果報告を可能としていることは医療関係者の中では周知の事実です。

 

 病院での待ち時間に「イラッ」としたことのない人はいないと思います。少しでも早く診察を受けたい!結果を知りたい!と思うのは当然のことです。HISCLは、なにより患者様の目線に立った器械であることは、我々複数メーカーを扱うディーラーの嘘偽りのない本音です。

 

 弊社三和医科器械は、メーカーではありません。したがって、器械を作ることはできません。しかしながら、我々も、今後も患者様目線に立ったご提案をしなければならないと気を引き締めております。

 


本件についてのお問い合わせは、弊社営業担当者または電話・メールにてお問い合わせ下さい。
(TEL089-957-7676  E-mail  info@sanwa-mi.com)

 

 

6月11日(木)本社営業所において、シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社の千葉さんに勉強会をしていただきました。

 

お題は「血液ガス分析について」です。

 

・そもそも血液ガス分析とは何か。

・検査からどんなことがわかるのか。

・検査結果によって人体にどんな影響があるか。

・検査で注意しておかなければならないこと。

 

など人の生命活動に関する検査ということから難しい話を覚悟していましたが、新人の自分にもわかりやすく説明していただきました。短い時間ではありましたが、今後のためになる有意義な時間を過ごすことができました。今後もこのような機会にしっかりと勉強させていただきたいと思います。

 

千葉さん、およびシーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社関係者の方々ありがとうございました。

 

本件についてのお問い合わせは、弊社営業担当者または電話・メールにてお問い合わせ下さい。
(TEL089-957-7676     E-mail    info@sanwa-mi.com

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5/27(水)にシスメックスの岡本氏に血液培養の勉強会をしていただきました。

早いもので、細菌関連の勉強会は3度目となります。

弊社にも新入社員が入り、真剣で有意義な時間となりました。

 

主な内容は

  1. 血液培養の意義
  2. 血液培養のポイント
  3. 血液培養の採血手順
  4. これからの血液培養

 

院内での勉強会も可能ですので、詳しい内容につきましては、弊社営業担当へ声を掛けていただきたいと思います。

 

最後に、血液培養ボトルにシリンジから血液を分注しますが、針刺しの危険を感じられたことはないでしょうか?安全に分注がおこなえるセーフティホルダーも有りますので、医療安全の方含め、興味を持たれた方は資料をお持ち致します。

Written by takeshi yumioka

 

 

本件についてのお問い合わせは、弊社営業担当者または電話・メールにてお問い合わせ下さい。

(TEL089-957-7676  E-mail        info@sanwa-mi.com)