お知らせ

お知らせメニュー

技術サポートページはこちら 製品・サービスに関するメールでのお問い合わせ
医薬品販売業許可(卸売販売業)
毒物劇物一般販売業登録
高度管理医療機器等販売業・
賃貸業許可
医療機器修理業許可
高圧ガス販売事業届

株式会社 三和医科器械 MAP

〒790-0941
愛媛県松山市和泉南6丁目2番5号
Tel:089-957-7676
Fax:089-957-7822

東予営業所 MAP

〒793-0043
愛媛県西条市樋之口133-1
グレースM102
Tel:0897-58-5030
Fax:0897-53-5850

大洲営業所 MAP

〒795-0001
愛媛県大洲市北只402番地7
Tel:0893-24-4479
Fax:0893-24-6857
TOPページ > 新着情報

当社は長年、シーメンスヘルスケア社と取引を行って参りました。
取引とは単に医療機器の製品だけでなく、その修理・保守といったサービスにおいても信頼関係を築いてきました。


その信頼関係の証として、先日「Certificate Team Siemens Healthiness」(認定証)の盾をシーメンスヘルスケア本社にていただきました。
この認定を持つシーメンスヘルスケア社のパートナーは現時点で全国で3社、四国では当社1社のみです。


当社の経営ビジョンは『一番に相談され、一番に感謝される企業となる』それを実現するために、社員一同で努力しています。
今回の認定証に恥じぬよう、お客様に寄り添い、一番に信頼される企業となるために精進して参ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


*Siemens Healthiness
シーメンスヘルスケアが2016年に発表した新しいブランド。(以下、シーメンスヘルスケア社のHPより抜粋)
このブランド名は、業界におけるシーメンスヘルスケアのパイオニア精神(pioneering spirit)とエンジニアリングについての高い専門知識(engineering expertise)から発想を得たものです。このブランド名は個性的で力強く、また、当社組織や社員の特徴を的確に表現するものでもあります。つまり、優れた製品やサービスのもと、お客様に寄り添い、支え、インスパイアしていけるパートナー(inspiring partner)のことです。

 

 

   去る8月24 日(木)、シスメックス株式会社の和田様、山田様、山本様にご来社いただき、全自動血液凝固測定装置CS-1600のご紹介を行っていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   基本的な測定原理や従来機であるCA-1500との比較、CS-1600の特徴などの理解を深めることができました。

   ジョブリストから測定結果や進捗状況の確認を行うことができたり、測定終了予定時間の表示があるなど視認性の高いインターフェイスやサンプルチューブの供給部が側面に設置されていたりランプの位置が前面に設置されていたりと効率的なユーザビリティとなっており、使用する方に視点を合わせた大変使いやすい仕様となっています。

   また、SNCSのサービスが標準で付与されており、アフターフォローの面で万全の体制を整えています。

   CS-1600以外にも測定項目や処理能力に応じていくつかの機種があり、試薬も多種多様となっております。

   ユーザー様のご要望に十分にお応えできるようにしていくためにも、商品への理解を益々深めていくように努めてまいります。

 

 

   本件についてのお問い合わせは、弊社営業担当者または電話・メールにてお問い合わせ下さい。
   (TEL089-957-7676  E-mail  info@sanwa-mi.com)

 

 

長時間労働問題が世間を賑わしていますが、当社のような小さな会社でも何かしら従業員が働きやすくなる術がないか日頃よりカイゼンを意識しています。
その一つとして「勤務間インターバル」を先月より導入しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間外勤務がそんなに多いというわけではないのですが、医療器械やシステム等の納品準備で夜中までかかる場合があったり、器械トラブルで夜間に緊急対応することがあります。
また、訪問看護部門でも、夜間の緊急対応があったりと、翌営業日の出勤までに十分な時間が確保できなことがありました。


その目的は、
「本規定は、時間外労働を含む1日の実質的な勤務終了時から翌日及び当日の始業時までに、一定時間の休息期間を設けることにより、従業員の生活時間や睡眠時間を確保して、従業員の心身の健康の保全を図るためのものである。(規定より一部抜粋)」


今朝、明け方までシステム設定にて施設で業務に当たっていた社員が初めて「勤務間インターバル制度」を利用することになりました。


当社では、CS(顧客満足)充実のためには、まずはES(従業員満足)の充実を図るべく今後もカイゼンを進めていきます。
ちなみに、連続5連休取得を強制的に?行うこともやってます!

 

 

弊社は、2011年より地球温暖化防止の国民的プロジェクトである『クールビズ』の活動に賛同しており、気候変動キャンペーン『Fun to Share』及び『COOL CHOICE』に参加しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今年も例年通り、5月1日から10月31日の期間、クールビズに取り組みます。

クールビズ対象期間においては、冷房時のエアコン設定温度を「28℃」とし、「ノーネクタイ、ノージャケット」の服装を規定しています。

 

平成17年に環境省がクールビズを提唱してから10年以上を経て、以前よりはこうした試みにご理解いただきやすくなりました。

とはいえ、訪問先や職務内容次第でなかなか相手の理解を得られないこともあり、場合によっては困難も予想されますが、『地球温暖化防止に真剣に取り組んでいる企業』として社会的責務を自覚している弊社の姿勢を示したいと思います。

どうか『Fun to Share』『COOL CHOICE』に賛同の趣旨をご理解いただきますようお願い申し上げます。

 

■ クールビズ対象期間:2017年5月1日(月)~10月31日(火)

■ 冷房の設定温度:弊社オフィスの冷房設定を原則『28℃』とします。但し、状況に応じ臨機応変に対応します。

■ グリーンカーテン:温暖化防止と社屋内温度上昇防止の一助として、本社建物の一部を西洋アサガオ(ノアサガオ)によりグリーンカーテン化します。

■ 対象期間中の服装:『ノーネクタイ、ノージャケット』とします。

 

※ お客様に不愉快な印象を与えないことを大前提とします。

※ TPOに配慮してネクタイ・上着を適宜着用します。

※ 営業社員は襟付きシャツとしますが、技術・配送・総務・訪問看護リハビリスタッフは無地ポロシャツも着用します。

※ 弊社発行の顔写真入りIDカードを見えやすく着用します。

 

以上、お客様、お取引先の皆さまには、ご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

   去る3月16日、社内にて「医療器械の販売から廃棄まで」の題目で勉強会を行いました。

 

   普段の業務で当たり前のように行っている販売についても、販売するための「許可」が必要であったり、「営業所管理者」が必要であったりといくつもの要件が必要であることを改めて理解することができました。

 

   産業廃棄物として扱われる医療器械。法律に基づき適正に処分するためにはどのようにするべきか?社内の約半数があいまいな回答。もちろん発表者である自分自身も調べて知ることも多く、「感染性廃棄物」「非感染性廃棄物」によっても処分が違うことも知りました。

   廃棄時に発行するマニフェストについても、発行する必要があることは知っているが、なぜ必要で、誰が保管しておくのかなど、詳しく知ることで今後の営業で注意しないといけない点も見えてきました。

 

   今回はメーカーによるものではなく自分自らが発表者として勉強会を行いました。

普段分かっているつもりではいましたが、実際考えてみるとよく知らない。そんな内容ではありましたが、法律や規定について自分で調べ準備し、自分の言葉で説明することで普段以上に理解を深めることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   本件についてのお問い合わせは、弊社営業担当者または電話・メールにてお問い合わせ下さい。

 (TEL089-957-7676 E-mail info@sanwa-mi.com)

 

 

   去る2月23日、シスメックス株式会社の湯浅様にご来社頂き、多項目自動血球分析装置についてご紹介とXNシリーズの特徴の一つでもある体液モードについての説明をしていただきました。

 

   XN-1000は操作画面にタッチパネル方式を採用されています。なお、ノンシアンでヘモグロビンの測定を行うなどユーザー様目線での利便性や安全性の向上が施されています。また、測定チャンネルや試薬の変更を行うことで測定項目を選択することもできます。

 

   これまではリサーチ項目としての測定でしたが、XNシリーズからは検査項目として測定可能となりました。目視法では操作が煩雑であり、細胞分類や細胞数表現に個人差や施設間差が大きいという問題点がありますが、XN-1000では体液測定を自動化することでこのような問題の解消につながります。

 

   今後も多様化していく検査器機に対応し、ユーザー様のご要望にお応えすることができるように努めてまいります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本件についてのお問い合わせは、弊社営業担当者または電話・メールにてお問い合わせ下さい。

(TEL089-957-7676 E-mail info@sanwa-mi.com)