お知らせ

お知らせメニュー

技術サポートページはこちら 製品・サービスに関するメールでのお問い合わせ
医薬品販売業許可(卸売販売業)
毒物劇物一般販売業登録
高度管理医療機器等販売業・
賃貸業許可
医療機器修理業許可
高圧ガス販売事業届

株式会社 三和医科器械 MAP

〒790-0941
愛媛県松山市和泉南6丁目2番5号
Tel:089-957-7676
Fax:089-957-7822

東予営業所 MAP

〒793-0043
愛媛県西条市樋之口133-1
グレースM102
Tel:0897-58-5030
Fax:0897-53-5850

大洲営業所 MAP

〒795-0001
愛媛県大洲市北只402番地7
Tel:0893-24-4479
Fax:0893-24-6857
TOPページ > 月別アーカイブ: 3月 2019

3月14日、シスメックスTMC大江様をお招きし、小型臨床化学分析装置『Eurolyser CUBE』の勉強会をしていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(写真1)

 

小型臨床化学測定装置Eurolyser CUBEは、臨床化学検査項目【CRP】の定量測定のための分析を目的とした小型のポイントオブケア測定装置です。

CRPとは体内に炎症が起きたり、組織の一部が壊れたりした場合に血液中に現れます。正常な血液の場合はごく微量しか見られないため炎症の有無を診断するため検査が行われます。また、消失が速いため急性炎症の場合、炎症の強さや長さを判断する指標ともなっています。

Eurolyser CUBEは簡単に使用でき、このCRPを院内迅速検査で早期診断、早期治療を実現可能です。

 

 

【特長】

●全血5μLのサンプルでCRP測定可能!

  ⇒穿刺器具を使用した指先採血で測定できます。

●コンパクトでスタイリッシュ!

  ⇒本体は手のひらに乗るサイズで、狭い場所でも設置ができます。

(参考)▼重量  約 2.2kg ▼寸法  本体:幅約135x高さ約160x奥行き145(mm)

タブレットPC:幅約70x高さ約142x奥行き8(mm)

●測定時間は約3分半!

  ⇒迅速に正確な測定ができます。

●操作手順も簡単!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際の測定結果・・・

元気なNさん 「0.2mg/dL」

少し体調の悪そうなWさん 「0.44mg/dL」

低値もしっかりと測定してくれました。

 

デモ機での実際の操作もできたことで、充実した勉強会となりました。

お忙しい中、貴重なお時間を大江様ありがとうございました。

 

新年度も継続して地域医療に貢献できるよう、最新情報をタイムリーにお届けいたします。

 

 

本件についてのお問い合わせは、弊社営業担当者または電話・メールにてお問い合わせ下さい。

 (TEL:089-957-7676  E-mail:info@sanwa-mi.com)

 

 

4月27日(土) ~ 5月6日(月)はゴールデンウィークの休日とさせていただきます。

 

また、取扱メーカーもゴールデンウィークの為に出荷停止となっている場合があります。

納品まで時間がかかる場合がありますので、お手数ですが、余裕をもったご発注をしていただくようご協力をお願いします。

 

 

2019年3月19日

去年の「チューリップ」です↓↓↓。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春に咲く花の中でも「チューリップ」が一番のお気に入りで、地植えにプランターにと、毎春楽しみにしていますが、その球根はいつもホームセンターで買っています。

種類や色など豊富で、しかも安価!なので、ひとつのプランターに「7個」とか「8個」とか植えてます。

 

チューリップは花が散るとその部分を切り、葉が枯れるまでそのままにしておきます。

そして球根を掘り出してネットに入れ、風通しのいいところに吊るしておき、梅雨に入る前に倉庫に片付け、年明けにまた植えます。

しかし、その球根の花は咲いても小さく、葉のみで咲かないものもあります。

やはり、プロが育てた球根はすごい!! と、感じる時です。さすが!!

 

今年もチューリップの見ごろが迎えれてうれしい3月下旬でした。

【 総務部 A・N 】

 

 

さいきんの話題

2019年3月5日

ひと雨ごとに春を感じる季節になってきました。この数年冬の間の楽しみにシイタケを作っています。

 

年明けて、直径50センチくらいのクヌギの木を数本倒します。これが結構危険で、20メートルくらいの大木はこちらの思うようには倒れてくれません。隣の枝に引っかかったりすると斜めのままチェーンソーで、細切れに少しづつ切って倒していきます。抱えるのも大変な元の部分は、山の中を転がしながら積み込んで移動して薪ストーブ用に割ります。

 

大事なのはここからで、先端側の直径20センチくらいの枝をしばらく伏せておいて、若い労働力を借りて菌の植え付けです。今年も1000個ほどのシイタケ菌を植えて40本くらいのホダ木(しいたけができる木のこと)を作りました。

 

日陰に立てかけてシイタケ菌が行きわたって、2年目くらいから毎週、毎週、肉厚のシイタケがたくさん出てきます。このためだけに寒い中頑張ってきました。お鍋に!天婦羅に!本当においしいですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

【 営業本部 O・C 】