お知らせ

お知らせメニュー

技術サポートページはこちら 製品・サービスに関するメールでのお問い合わせ
医薬品販売業許可(卸売販売業)
毒物劇物一般販売業登録
高度管理医療機器等販売業・
賃貸業許可
医療機器修理業許可
高圧ガス販売事業届

株式会社 三和医科器械 MAP

〒790-0941
愛媛県松山市和泉南6丁目2番5号
Tel:089-957-7676
Fax:089-957-7822

東予営業所 MAP

〒793-0043
愛媛県西条市樋之口133-1
グレースM102
Tel:0897-58-5030
Fax:0897-53-5850

大洲営業所 MAP

〒795-0001
愛媛県大洲市北只402番地7
Tel:0893-24-4479
Fax:0893-24-6857
TOPページ > 勉強会情報 > 社内勉強会 ~ 生化学自動分析装置(日本電子株式会社) ~

社内勉強会 ~ 生化学自動分析装置(日本電子株式会社) ~

2017年2月14日

   新年最初の社内勉強会に、日本電子株式会社の今村様にご来社頂き、生化学自動分析装置について紹介をして頂きました。

 

   生化学自動分析装置は血清や尿を検体として試薬と反応させることで糖、タンパク、コレステロール、酵素などの各種成分の測定を行う装置です。病気の早期発見や診断、治療の効果や予後の推定等を示す客観的なデータとして位置づけられており、この検査は、正確かつ迅速に測定することが求められます。

 

   今回紹介して頂いた、生化学自動分析装置BMシリーズはどのような病院様にも合わせられるようなラインナップとなっております。

   例えばJCA-BM6010は 生化学項目800テスト/時 測定できる処理能力を持っておりながらも、他社の同等機種と比較すると非常にコンパクトな設計となっており、設置スペースが限定的な病院様においても選択しやすい機種となります。

   操作性において、サンプルターンテーブルを開けて検体をセットして閉じるだけで測定が開始され、面倒な操作などは必要ありません。至急検体も検体割り込みポートを搭載し、運用面においても非常に有用であり、使いやすさを追求した機種となります。

   オプションとしてHbA1c(自動溶血機能)、サンプラー(検体ラックハンドラ)も付属可能であり、サンプラーにおいては検体をラックにセットして置くだけで、測定やキャリブレーション、コントロール測定を行うこともできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   BMシリーズには前希釈機構が備わったものもあり、希釈をすることで、粘性を薄め、大量に運ぶことで精度を担保しています。この前希釈機構により必要試薬量も減るため、ランニングコストを抑制することにもつながります。またメンテナンスにおいても、正面に立って手の届く範囲に設計していることで誰でも触れるストレスのない装置です。

 

 

 

   最新機種としては、ZERO JCA-ZS050を2016年4月より販売開始しております。

検体間キャリーオーバーを回避するための洗浄機構とソフトウエアを搭載。また、最少反応液量40µLでの超微量分析を可能としました。電解質ユニット(オプション)は最大600テスト/時 の測定が可能で、生化学分析の最大1,200テスト/時 と合せて最大1,800テスト/時 の高速処理を実現しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   ご多忙の中お時間を頂戴した今村様のご尽力により、新年最初の勉強会は有意義な勉強会となりました。ありがとうございました。

 

 

 

   本件についてのお問い合わせは、弊社営業担当者または電話・メールにてお問い合わせ下さい。

 (TEL089-957-7676   E-mail : info@sanwa-mi.com)