お知らせ

お知らせメニュー

技術サポートページはこちら 製品・サービスに関するメールでのお問い合わせ
医薬品販売業許可(卸売販売業)
毒物劇物一般販売業登録
高度管理医療機器等販売業・
賃貸業許可
医療機器修理業許可
高圧ガス販売事業届

株式会社 三和医科器械 MAP

〒790-0941
愛媛県松山市和泉南6丁目2番5号
Tel:089-957-7676
Fax:089-957-7822

東予営業所 MAP

〒793-0043
愛媛県西条市樋之口133-1
グレースM102
Tel:0897-58-5030
Fax:0897-53-5850

大洲営業所 MAP

〒795-0001
愛媛県大洲市北只402番地7
Tel:0893-24-4479
Fax:0893-24-6857

師走

2014年12月10日

早いもので、師走に入り、今年もあと数日となってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先月は霜月らしくなく非常に暖かく、今年は、冬らしくないなと思っていましたが、今月に入り急に冷え込み、朝、車も真っ白な状態で、霜取りが大変になったり、移動の際も、急に雪が降り始め、路面の心配しながらの走行をしたりと、本格的に冬らしくなってきた今日この頃ですが、先日、会社の忘年会が有りました。

 美味しい料理や、お酒をいただき、楽しいひと時を過ごすことができました。

 

毎年、忘年会が終わると、気分的にも年末年始に向けて、仕事も、家の事も慌しくなります。

クルマで移動する機会も多くなりますので、交通事故に気をつけます。

そして、先日も風邪を引いて周りの人達に迷惑を掛けてしまったので、特に、体調管理に気を付けていこうと思っています。

【 営業本部 Y・S 】

 

 

細菌検査勉強会

2014年11月28日

今回の定期勉強会は、質量分析計について、シスメックスの岡本様に講師をしていただきました。

 

・MALDI-ToF MSの原理
・バイテックMSのご紹介
・バイテックMSの性能 従来法・他社との比較
・ネットワークシステム
・定期的なメンテナンスの必要性について

 

上記の内容にて、いつものように岡本様の説明は大変分かりやすいものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆簡単な特徴は◆

・細菌の同定が、たったの15分

・データベース30,000以上
・臨床上重要な755菌種(2013年12月現在)
・フライトチューブ1.2mによる高精度

 

なんと言っても、15分で同定が行えると、適切な抗菌薬が投与出来、患者様の治癒が早くなります。私たちが、お客様にご提案する装置は、正確なデータが出せるものが絶対条件と考えています。

今後の細菌検査は質量分析に向かうかどうかは分かりませんが、お客様や患者様にとって有益なものであることは間違い有りません。

 

お客様で、ご興味のある方は是非、弊社営業担当と雑談をお願いします。

より詳しくご説明させていただきます。

Written by takeshi yumioka

 

*******************************************************************************

本件についてのお問い合わせは、弊社営業担当者または電話・メールにてお問い合わせ下さい。

(TEL089-957-7676  E-mail  info@sanwa-mi.com)

 

 

早いもので

2014年11月25日

   早いもので、今年も残りあと少し。娘たちの成長に驚きながら、自身が確実に年を取っていくのを実感する。もともと、流行ものとかに消極的。「老いては、子に従え」も老いる前から子に従わなければ、ならぬことが多い。

   コーヒーは好きなもの、口にするのはもっぱら、缶コーヒー。これで十分に満足。ただ、妻はコンビニでその場での淹れ立てのやつをご賞味。「パパも頼めば?」と何度か誘われたが、「いや、べつに・・」と回答。

   ふとある時に「飲んでみたいなあ」と思い、コンビニのレジまで。それまで、何度も「淹れ立てのコーヒーは如何ですか?」と聞いてきた店員さん。なぜか、今日に限って聞いてこず(怒)!!

   「あっ、じゃあお願いします」と言うつもりがそっと胸にしまいこむ。その日、妻にその話をすると、「自分から頼めばいいやん!?」とかる~いノリ。旦那の性分を知っての言葉。「俺が、そんなんできるわけないやん。頼み方わからんし・・」。「じゃあ、今度一緒に頼んであげようか!?」。最初からそう言ってくれれば、いいものを。実にいけずな女性。

   後日、コンビニで妻の協力の下、購入完了。よかったよかった。

 

   4月に下の娘と「アナ雪」を見に行った。妻と上の娘は春休みに見に行っており、その時、確かに大絶賛していた。こちらとしては、それほど期待していたわけではなかったが・・

もののみごとに大号泣。いやあ、いい映画でした。これも流行もの好きの我が家の女性陣のおかげ。年末の紅白では歌うとか歌わないとか・・、いや今から楽しみ。

 

   来年は、娘たちは5年生と3年生。妻は永遠の30代で、犬は5才。とくに節目でもないけれど、今年と変わらず元気でいられれば、と思う今日この頃。

【 東予営業所 Y・K 】

 

 

参観日

2014年11月17日

何度目かの参観日。しかも今回は「バサー」と言うお楽しみもありの参観日です。

 

日頃各家庭より持ち寄った余剰品や、サイズが合わなくなった制服・体操服など持ち寄ったものを販売し、その収益はPTA活動などに使われます。

また、私の大好きな「おやじのうどん」や「お茶セット」など、食べる楽しみもあります。その他「ドーナツ」「おむすび」などなど・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校ごとにいろいろな趣向で変化をつけ、学校の空間で子供と親とが一緒に過ごせる時間を大切にしているところが、私は好きです♪

 

こんな時間はきっと、小学生の「時」だけなんだろうなぁ~。

そう思うと、いろんな「事」が愛おしくなりますね。

 

日々感謝!!!感謝!!!

また来年も楽しみです♪

 

ちなみに・・・おやじのうどん、とってもおいしかったです!!!

みなさん、ありがとうございました。

【 総務部 A・N 】

 

 

今年の戦績

2014年11月7日

今年も残りわずかとなってきていますが、皆さんは年の初めに掲げた目標を達成していますか?私事ですが、家の近くのゴルフ場に所属していてここ数年は毎月1、2回のペースでプレーしています。写真が今年の成績です、9月の月例杯では優勝しました。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴルフにはハンディというものがあります、そこを意識して、ここしばらくは楽しみというよりはああでもないこうでもないとプレーで少し悩んでいるところがありました。

でも、今年になってボギー(パーより一打多い)は上出来、という楽な気持ちでプレーを始めて入賞をするようになり、8月月例では午前中ハーフで41という好スコアでした、午後からは変なプレッシャーで47、合計88打、入賞はしたものの四位でした。

9月月例は開き直って一打1打を大事にしようとしたら、なんと午前中にバーディ二つ(ダブルボギー1つ)の39、午後は何とかしのいで41の合計80打で念願の優勝ができました。10月月例は普通に46、44の90打に戻りなんとか入賞はしました。でも少しふっきれてプレーでもハンディを計算せずに目の前の一打に集中することの大切さが少し分かった気がしています。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今は12月に行われるグランドマンスリー(月例杯優勝者だけの大会)に向けてひそかに闘志を燃やしているところです。再度、優勝を目指して頑張ってきます!!

【 営業本部 O・C 】

 

 

50周年

2014年10月29日

当社は、今年で創立50周年を迎えるにいたりました。これも、ひとえにお客様及び、関係取引会社の皆様のご愛顧、ご支援の賜物と心より厚く御礼申し上げます。

 

さて、その50周年の委員会に私も参加しております。キャッチフレーズ、ロゴ等の決定を東予営業所のI君(彼は若いですが優秀です)本社総務のAさん(彼は少し変わった所もありますが真面目です。)、そして私(私は喋りだしたら止まらないのですが内面はCOOL!内面はですよ・・・)を中心に行ってきました。

決定されたキャッチフレーズは「感謝」

決定されたロゴは↓

1109_Finish_blu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がまるで50周年居たかのような錯覚になりますが、まだ20年程しか歴史には関わっていません。50年に比べると20年は短いですが、私の人生の中での20年は長いと思います。

 

今でも入社当時の事は鮮明に覚えています。何も分からない私を、指導して下さったお客様には感謝してもしきれません。今日の私があるのはその方達のお陰です。社内投票でキャッチフレーズが「感謝」に決まったのは私の20年にもぴったりの言葉でした。

 

次の100周年まで「感謝」を忘れず医療を通じての地域貢献を行いたいと思います。

これからも、より一層のご愛顧、ご支援をよろしくお願いします。

Written by takeshi yumioka