お知らせ

お知らせメニュー

技術サポートページはこちら 製品・サービスに関するメールでのお問い合わせ
医薬品販売業許可(卸売販売業)
毒物劇物一般販売業登録
高度管理医療機器等販売業・
賃貸業許可
医療機器修理業許可
高圧ガス販売事業届

株式会社 三和医科器械 MAP

〒790-0941
愛媛県松山市和泉南6丁目2番5号
Tel:089-957-7676
Fax:089-957-7822

東予営業所 MAP

〒793-0043
愛媛県西条市樋之口133-1
グレースM102
Tel:0897-58-5030
Fax:0897-53-5850

大洲営業所 MAP

〒795-0001
愛媛県大洲市北只402番地7
Tel:0893-24-4479
Fax:0893-24-6857
TOPページ > 勉強会情報

弊社では定期的に社内勉強会を実施しています。
メーカーと医療機関や患者様を繋ぐ重要なパイプ役を担い続けるために、
社員一人一人の研鑽が必要であるのは言うまでもありません。

 

 

今回はメーカーに来社頂き、パルスオキシメータの講習を受けました。

 

 

パルスオキシメータとは侵襲せずに脈拍数と経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)をモニターする医療機器です。リアルタイムかつ連続的に測定結果が表示されます。
採血せずにセンサー(プローブ)を指先などに挟み赤外光と赤色光を利用して測定するので、痛みを伴いません。

 

 

実際にレンタル用のパルスオキシメータを一人一人が操作しながら講習です。
弊社では個人の患者様のご自宅にレンタルしていますので、あるゆることを想定しての実機講習は充実したものになりました。

 

 

参考URL   http://www.covidien.co.jp/products_services/respiratory/res01.html

 

 

 

2011年5月9日に南予地区の病院において採血の勉強会を行いました。 「標準採血法ガイドライン」の改定(GP4-A2)に基づき、手順・手技について説明しました。

勉強会には看護師を中心に予想以上のスタッフの方が参加していただきました。今回の改訂のポイントと採血について改めて熱心に勉強していただきました。 次回は「ヒヤリハット」対策として採血管準備システムについての勉強会を予定しています。

※同様の勉強会を希望される医療機関の方は、弊社営業担当または電話・メールにてお問い合わせ下さい。 (TEL089-957-7676 E-mail info@sanwa-mi.com

2011年4月18日に松山市内の病院において、病院情報システムについての勉強会を行いました。 現在は医事システムおよび各部門システムが稼動している状態ですが、将来的に電子カルテ導入も視野に入れた検討をする中で、当該病院にとってシステム導入の目的やメリット・デメリットについて説明しました。

目的が明確にされない中で、闇雲にシステム導入することは院内での混乱を招くことに繋がります。段階を踏んだ導入メリットについてご検討いただけるようにご理解いただけました。


※同様の勉強会を希望される医療機関の方は、弊社営業担当または電話・メールにてお問い合わせ下さい。
(TEL089-957-7676 E-mail info@sanwa-mi.com

2011年4月6日に松山市内の病院において新人看護師対象に採血の勉強会を行いました。 「標準採血法ガイドライン」の改定(GP4-A2)に基づき、手順・手技について説明しました。

これから現場で活躍される新人看護師の皆様に、熱心に勉強していただきました。
※同様の勉強会を希望される医療機関の方は、弊社営業担当または電話・メールにてお問い合わせ下さい。
(TEL089-957-7676 E-mail info@sanwa-mi.com

2011年2月17日、弊社内にて「標準採血法ガイドライン」の改定(GP4-A2)に伴う勉強会を行いました。

これまでのガイドライン(GP4-A1)からの変更点を中心にポイントを勉強しました。今後、採血業務においてますます感染やリスク管理の観点から重要な内容です。
標準採血法がより多くの医療関係者に浸透できるように弊社としても、正しい情報を伝えてまいります。

参考: JCCLS「標準採血法ガイドライン」改定版(GP4-A2)発行について

※同様の勉強会を希望される医療機関の方は、弊社営業担当または電話・メールにてお問い合わせ下さい。
(TEL089-957-7676 E-mail info@sanwa-mi.com

2010年12月13日に松山市内の病院において『採血ベストプラクティス』と題して、採血の勉強会を行いました。

日頃、採血業務を行っている看護師の皆さんを対象に、日本ベクトン・ディッキンソン社より講師をお招きしての勉強会です。採血に伴うリスク、針刺し損傷防止を説明後、“JCCLS 標準採血ガイドラン”に基き、事前説明⇒手袋装着⇒部位選定・駆血帯⇒消毒⇒穿刺⇒採血⇒転倒混和⇒駆血帯解除⇒抜針⇒止血⇒廃棄の流れに沿って採血の手技について説明しました。



基本に立ち返り、患者様により快適に対応していただけるように、熱心に勉強していただきました。

また、話題として赤外線と可視光で静脈をスキャンする静脈可視化装置Stat Vein(デモも受け付けています)も見ていただき、クッキリと静脈が見えることを体感して(驚いて)いただきました。

※同様の勉強会を希望される医療機関の方は、弊社営業担当または電話・メールにてお問い合わせ下さい。
(TEL089-957-7676 E-mail info@sanwa-mi.com